忍者ブログ
越後長岡を中心にローカルな食べ物やネタをレポートするB級ブログ
[148]  [146]  [143]  [141]  [142]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先々週の土曜日、NORIさんに関要肉店のヤッさんと飲む約束をしてたのに追加メンバーを加えて、計5人で飲みに出かけた。


お店はこの4月に開店したばかりの『彦乃』

越路で有名な『割烹 彦三楼(ひこさぶろう)』の支店らしい。


場所は長岡郵便局の斜向かい。

昔、『あらきや』とか『桂林』とかあった場所。



こんな感じで、なんだか高級げで思わず入るのを躊躇してしまいそうな店構え。



でも入り口付近に張ってあったお品書きを見ると、べらぼうってほどでもない価格設定。

ちょっとリーズナブルな割烹レベル。



彦三楼系列3店舗。




オープンして3ヶ月ほどだけあって、きれいな店内。

時間が8時半頃からのスタートということもあって、二階?の宴会場に団体さんがいるぐらいで他客は見当たらない。

でも土曜日でそれはちと寂しい。



お通しは『鶏とキュウリとクラゲの胡麻和え』

メニューを見ると豆腐料理が結構多い。

仲居さんに聞くと、豆腐も湯葉も自家製とのこと。

ただ残念ながら人気メニューの、名前忘れたけどレアチーズみたいな豆腐は売り切れとのこと。

『湯葉とアボ力ドのミルフィーユ』


湯葉とアボガドを交互に重ねたものに、ゼラチンでゆるく固めただし汁を寄せたものに、ウニと紫キャベツのスプラウト(たぶん。よく見てなかった)があしらってある。


ただ、これはちょっとだし汁が弱くて、湯葉と個性の強いアボ力ドをまとめ切れてないような気がした。

湯葉にはいいんだけど、アボ力ドには・・・

素直に醤油で食べたほうが美味かったかも。


まあそれなりには美味いんだけどね。


『甘鯛焼き』


これはちょっと予想を裏切るサイズの切り身で、これを5人で分けるのは無理があった。

でも割烹料理として考えれば、これも無理ないサイズ。

さすがにこれは旨かった。

こういった王道な料理はさすがに旨い。


魚の活きも良かったらしく、半分ぐらい喰ったところでTillさんの皿に飛んで逃げられ、そのまま胃袋に消えていった。


『豆腐と海老の串揚げ』


豆腐と海老・ししとうを片栗粉をつけて揚げたもの。

抹茶塩で食べます。

これは豆腐だけいただきました。

この豆腐も手作りのもの。

美味しかったです。


『だし巻き卵』


これは大勢で取り分けるにはぴったりなだし巻き卵。

ふっわふわでやわらかく甘めのだしの風味の、美味しい卵焼き。

こういうだし巻き卵は好きなんだけど、普段は大の男が一人で卵焼き食いながら酒飲んでるのもなんなので、なかなか食べる機会がないんだけど、今回はいい機会でした。

やっぱ美味い。

残った一切れをめぐり、壮絶な奪い合いが演じられたのは言うまでもないことである。


『にごり梅酒』


生ビールから酒に切り替える前に、ちょっと梅酒を一杯。

このにごり梅酒、なかなか旨い。

てゆうか、かなり好きかも。


『滝川豆腐』


豆乳を寒天で固めてところてんの天つきで突き、滝川の清流に見立てて盛り付けたもの。

甘くない牛乳寒天豆乳風味といったところ。

でもこれはたぶん、ところてんと同じように薬味と一緒にだし汁に浸して啜り込むのが正しい食べ方なんだろうな。

今回は分けて喰ったから出来なかったけど、今度行ったときにそうやって食べてみよう。

きっと美味いんだろうなぁ。


『豆腐コロッケ』



崩した豆腐の淡白な味わいに、ちょっと大きめに刻まれたレンコンのサクサクした食感が面白い。

別皿の中濃ソースをつけていただきます。







俺「ソースは二度付け禁止やで!!」


Tillさん「あ、すみません。手遅れです」




ほとんど書いてないけど、そんな会話もちらほらと。

かなり盛り上がってました。


『鶏の唐揚』


結構淡白な味わいの料理ばかりだったので、どっしりしたのも食べたくなって注文した鶏の唐揚。

ニンニクとしょう油でしっかり味付けされている一品。

これこれ、これが食べたかった。



このあと『彦乃』をあとにして、『然』でちょっとばかし飲んでお開きになりました。

そういえばどうでもいい話ですが、『然』に行く時はいつも酔っ払っていて憶えてないんですよ。

それまで2~3回行っていながら、店で寝てた記憶とか、行ったはいいけど既に限界来てて強制送還とか、ろくな記憶がなかったんですが、今回初めてまともに記憶がありました!


でも酒飲んだだけで、なにも喰ってないんだよね。

今度じっくり飲みに行ってみたいと思います。



『日本料理 彦乃』
住所 新潟県長岡市東坂之上町2-4-14
TEL 0258-31-8755
営業時間 17:00-23:00
定休日 日曜日


「人気ブログランキング」及び「にほんブログ村」に参加してます
 ↓     ↓     ↓
応援よろしくお願いしま~す

にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へにほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
和食ところだなぁ
…ってとこで飲みました。

それにしても、酒盗とか、いしる干物とか、
ことごとく売り切れってw
ツマミになるのがもうちょっと食べたかったです。

で、料理の打ち合わせってまとまったんでしたっけ?
そんな話も極僅か、ほんのちょっとだけ、
あったよーな…(^^;
何はともあれ、よろしくです。
とりあえず明日ですね。
NORI URL 2008/07/30(Wed)10:42:22 編集
まとまってません
なんかすっかり忘れてました。
もうめんどくさいので当日はオードブル10人分(一人前1000円くらい)にします。
せきよう肉店さんのオードブルは一人前当たりのの量が多い上に人数分のコロッケとメンチカツと、他にもフレンドのイタリアン(6Pくらい)もリクエストされてるので・・・多すぎるかな?

明日は祭り用の買出しもする予定なので、よろしくです^^
じん URL 2008/07/30(Wed)13:09:31 編集
甘鯛いただき☆
でもあれは、「事故」です。
活きがよすぎて、皿に、そして胃袋に飛び込んじゃったんです。
豆腐のお料理いろいろ、おいしかったですね。
次回はオリジナル豆腐もぜひ食べたいです。
今回もお世話になりました。
Till 2008/07/31(Thu)22:04:52 編集
そうそう「事故」でしたねぇ・・・
でも、落ちた場所とタイミングの良さは神がかったレベルでした。
あのときのTillさんには、笑いの神様が降りてたに違いありません。

実は昨日、また次の話がでました。
今度は盆明けくらいになりそうですが、そのときはよろしくお願いしまーす。
じん URL 2008/08/01(Fri)07:54:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【日本料理な居酒屋】 彦乃@長岡市
今年の4月に、長岡市の割烹である“彦三楼”が、 繁華街でもある東坂之上に開店させたお店が、 『和食処 彦乃』。和食の仕事の感じられる品々が いろいろとありました。
URL 2008/07/30(Wed)10:28:19
ブログ内検索

Twitter「つぶやく」ボタン



にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
プロフィール
HN:
じん
性別:
男性
職業:
八百屋(青果物仲卸)
自己紹介:
新潟県長岡市の青果仲卸業・カネヘイ青果の中の人。
仕事の事はあんまり書いてないです。

「酒の進むこと風の如く、
すぐ寝つくこと林の如く、
 鯨飲すること火の如く、
 泥酔すること山の如とし」
カウンター
最新コメント
[11/20 買取コレクター]
[06/16 じん]
[06/16 ひつじ]
[11/02 いた]
[10/13 ひよどり越えイエロー]
メールフォーム




ジオターゲティング


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
QRコード
NINJATOOLS




Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー


忍者ブログ [PR]