忍者ブログ
越後長岡を中心にローカルな食べ物やネタをレポートするB級ブログ
[238]  [239]  [236]  [235]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [227]  [224
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一月のある日曜日、友人のヤスの結婚式に参加するため軽井沢に向かった。


遠い軽井沢で式を挙げるので、本当は友人たちにわざわざ参加してもらうのは悪いと身内だけで済ませる予定だったんだけど、なぜか新郎側から押し掛け参加者が3人も出てしまったのだ。

おまけに俺は一週間結婚式の日取りを勘違いしていて、危うく本来の結婚式の一週間前に軽井沢まで行くところだった。

いやー、もうほんと、勘違いして出掛けようとしてた前の日にヤスから電話が掛かって来なかったら、なにもないのに軽井沢まで出掛けて途方に暮れるところでした。

まったく困ったものだ。



まあそれはともかく、こちらの記事でも書いたように、ついついヤスの結婚式の前の晩、予定外に日付が変わるまで深酒してしまった。

おかげさまで翌日は見事な二日酔い。

7時に起きて早めに出掛け、式の時間まで軽井沢を散策する予定だったが・・・


もう全然ダメ。

7時には起きれたが、無理だ。二日酔い酷過ぎ。

8時まで二度寝することにして出発予定を一時間遅らせることにした。


そして8時に二度目の起床。

あー、きもーち楽になった気がするけど勘違いかもしれないレベルに回復。

さすがにこれ以上遅らせられない。

時間的にはかなり余裕あるけど遠出だからな。

二日酔いで重い頭と体に鞭打って支度を始めた。


支度が完了し、雪のチラつく中9時に家を出発。


途中「カメラを忘れて家に取りに帰るプレイ」「財布を忘れてゆかいなサザエさんプレイ」を楽しみつつ、9時半頃長岡ICから高速へ。


そして・・・



         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『俺は関越道ルートで軽井沢に向かおうと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ                  思ってたら北陸道に乗っていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ             俺にもさっぱりわからねーぜ!
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ 





うん、こりゃいかん。

確実に体調悪過ぎて集中力とか落ちている。

まだ時間的に余裕があることだし、こまめに休憩挟みながら無理せず向かおう。


まあそんなこんなでのんびり向かっていたら、それでも1時くらいには軽井沢に着いていた。

式場のホテルに入る時間にはまだ一時間くらい余裕がある。

でも、まだ体調が完全に回復しきってない状態ではとても軽井沢散策やらかす元気はない。

てゆうか軽井沢で昼飯喰おうと思って下調べもしてきたのに、とてもじゃないが喰えそうにない。

うん、昼飯はあきらめて早めにホテルに向かうことにした。



そんなわけで式場であるホテルプレストンコート着。

まあ友人の結婚式の写真を勝手にUPするわけにいかないので、問題なさそうなやつを2~3枚UPして結婚式の様子は省略。

ホテル ブレストンコート



P1242741




P1242833


いやー、良い結婚式でした。最高!

ホテルに着いてすぐロビーのソファに座って休んでたら、たまたまロビーにやってきたヤスとバッタリ遭遇したのには驚いたが、もっと驚いたのが新婦のお母さんが知ってる人だったこと。

世間て狭いんだなぁ。

それからはもうテンションあがりまくり。

式の途中、気がつけばいつの間にやら体調もスッカリ良くなっていた。

結婚式は一時間ほどで終了。


そして俺はこのままとんぼ返りの巻ぃー。



でもまあ、そのままとんぼ返りも虚しいので途中で寄り道しまくって、面白げな食い物探しながら群馬ルートで帰ることにした。

途中地元スーパーとか色々寄り道してたら群馬の安中市に入った頃には暗くなりはじめていた。

そして安中市内走行中、「群馬食の駅」とかゆうなかなかそそられる感じの店があったので、なんか探しに入ったらすでに蛍の光が流れ始めていた。

あ、こりゃやばい。急がんと。

慌てて店内をざっと物色。

すると思わぬすばらしいものを見つけた。






P1040653

「おっぱいパン」

予備知識無しで、まったく偶然にこのようなすばらしい食べ物を発見してしまうとは、我ながら恐ろしいぜ!

やっぱり俺はおっぱいの星の下に生まれてきたんだなあ。




おっぱいパンは翌日喰った。

おっぱいパンの中身は練乳クリームという、なかなかのこだわりっぷり。

おっぱい職人の技が光ります。



味の方は・・・


まあ、残念な味というかなんというか・・・



続いて帰路の寄り道旅の目的地である板鼻館に向かう。

P1040608
P1040611
P1040616

「タルタルかつ丼」

この板鼻館の名物はこちらのタルタルかつ丼。

実はこの群馬の西毛地区?まあ群馬県西部の辺りはソースかつ丼としょうゆベースのタレかつ丼が混在しているところらしいのだ。

もっとも地元ではタレかつ丼ではなく、あくまでもしょうゆベースのソースかつ丼的扱いのような気がする。

こちらの板鼻館は元々旅館兼食堂みたいな感じのお店で、江戸時代には旅籠をやっていたとゆう老舗なのだ。


遠く昔に思いを馳せると、国定忠治や木枯らし紋次郎もこちらの名物タルタルかつ丼をむさぼるようにほおばっていたかも知れない。


んなわきゃないが。


まあ江戸時代創業とはいえ、実際にかつ丼を出すようになったのは昭和の初期くらいだろうと思う。

タルタルかつ丼の方は数年前かららしいけど。


P1040623

「タルタルかつ丼」

タルタルソースは自分で作るスタイル。

P1040630

タルタルソースを作る前に、まずはそのままいただいてみる。

P1040645

あー、これは旨いなー!

思ってたよりずっと旨い。

新潟のとんかつ政ちゃんに引けを取らないレベル。


煮込まれた玉ねぎがカツの下に敷いてあるのが新潟のタレかつ丼との違いだけど、この玉ねぎも旨い。

P1040642

続いてタルタルソースを自作。

正直この作業がちょっと楽しみだったんだけど、すり鉢が小さいせいか俺がへたくそなだけか、なかなか上手く混ざらない&つぶせない。

すり鉢とすりこぎ、ふたつの瀬戸物同士が擦れあう音・感触もなんだか神経に触る。

仕方ないので途中から箸を使って混ぜ合わせた。

P1040648

そんなわけで「タルタルかつ丼」の完成でーす!パチパチパチ。


いやー、タルタルかつ丼旨いなあー。

まだ温かいカツにちょっと冷たいタルタルソースがなんとも・・・



今度食べるときは、素直にタルタル抜きのかつ丼を食べようと思います。

タルタルも悪くないけど、別になくてもいいかなーーーって・・・




『板鼻館』
住所 群馬県安中市板鼻2-4-36
営業時間 11:00~14:30/16:30~20:00
定休日 月曜日
駐車場 あり(店の脇の小路を入って50mくらい先の左側)

大きな地図で見る

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索

Twitter「つぶやく」ボタン



にほんブログ村 地域生活ブログ 新潟情報へ
プロフィール
HN:
じん
性別:
男性
職業:
八百屋(青果物仲卸)
自己紹介:
新潟県長岡市の青果仲卸業・カネヘイ青果の中の人。
仕事の事はあんまり書いてないです。

「酒の進むこと風の如く、
すぐ寝つくこと林の如く、
 鯨飲すること火の如く、
 泥酔すること山の如とし」
カウンター
最新コメント
[11/20 買取コレクター]
[06/16 じん]
[06/16 ひつじ]
[11/02 いた]
[10/13 ひよどり越えイエロー]
メールフォーム




ジオターゲティング


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
QRコード
NINJATOOLS




Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー


忍者ブログ [PR]